商品の最新情報や、快適な睡眠時間を過ごすためのプチ情報などを随時更新中!
2019年3月24日 社長 社長
BLTサンド、みたいな。

インテリア工事。

カラオケ店の改装がまだまだ続いております。

先日のブログで書いた、

壁紙の色がほぼサンドイッチと言うバイトの子の斬新な発想に、

食い気が凄いな!と思ったのですが、

その隣にグリーンの壁紙を貼り始めた所を見た

またまたアルバイトの子が、

今度は

「レタス🥬にしか見えん!やっぱ、サンドイッチ!」

あまりの忙しさに、凄い形相で仕事をしてたであろう私は、

少し、我に帰りました。

ここまでくると

癒されますね。

バイト君、

ありがとう。

とかなんとかいいながら、

順調に進んでおります。

オープンが楽しみです。

今日は夕方、

店長がいない為、17時前にお店に戻りました。

そしたらなんと、

怒涛の枕三連ちゃん。

立て続けに調整の方2名様にさせて頂き、

すぐに新規のオーダー枕のお客様。

気が付けば閉店時間を過ぎた19:30。

2時間半の間喋り倒しました。

絶好調でしたよ!

多分、私は、

枕へんた、、、。

もとい、

枕の専門家。

枕が好きですね!

枕のお悩みを解決する事が生き甲斐の

変態です。

もう変態でもいいです。

枕を作るお仕事が

大好きですね!

また、明日!

  • 記事カテゴリー:
2019年2月2日 社長 社長
えっ2階迄運ばなくっていいんですか⁈

本日は、お店オープンの前に東海市迄オーダーメイドマットレスの配達に行って来ました。

いつもは寝室迄お運びして、セッティングしてくるのですが、時々

「寝室がまだ片付いていないので、1階に置いておいてください!」

と言われる方も。

そういった時も、実は安心しておいてきます。

何故ならこのオーダーメイドマットレスは軽いからプロではなくても運べます。

私は力持ちなので一人でも2階迄運べますよ〜!

ご希望の方は2階の寝室迄、私がお運び致します。(無料)

なおかつ、古いマットレスの無料回収サービスも行っておりますので、お気軽にお申し付けください。

「えっ!2階迄運ばなくっていいんですか?」

と、嬉しそうな顔して写ってますが、

決して嬉しい訳ではありませんので

あしからず!(苦笑)

また明日!

  • 記事カテゴリー:
2019年1月27日 社長 社長
感動エピソード。

本日も、

「オーダー枕お手入れ会」開催中!

につき、

オーダー枕のメンテナンスに御来店頂いたお客様で中村屋の店内がごった返しておりました。

(本当は予約制なので、そうでもなかったけど^^;)

それでも多分10名以上は調整させてもらい、そのまくまに3名の新規作製の方もあったので、

喋りすぎて、

もう誰とも喋りたくありません。

でもなんですかね、この充実感。

新規作製の時も、調整の時も、お客様は喜んでくれるので、わたくしも嬉しくなってくるのです。

やりがいですね!

ありがとうございます😊

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

そのメンテナンスで御来店頂いたお客様で、本日とても印象深い方がありました。

半年くらい前に彼女とオーダー枕を作りに来てくれて、熱心にこちらの話をいっぱい聞いてくれる、とても好感の持てるカップルだったので、接客させてもらった私が気持ちよくなり、凄く印象に残ってたのですが、

本日はお一人で御来店で、枕を除菌消臭している間に、最近寒いと言われたので、キャメルの肌布団をご紹介させて頂きました。

またまた熱心に聞いて下さったのですが、

聞いて下さって間もなく

今日で最後なので、これください。これ買います。」

それを聞いた私は、喜びいさんで倉庫に新品のキャメルの肌布団を取りに行ったのですが

ふと、お客様の言葉を思い出し、

「今日で最後なので、、

ん?

どう言う意味?

と思い、詳しくお聞きすると

「実は仕事が変わって、関東の方に引っ越すんです、もう来月早々なので、もうこれないから、、、、。」

確か前回、彼女と御来店頂いた時に、彼女は関東で暮らしていて、その日はたまたまこちらに来ていたから一緒に枕を作りに来たと言っていた事を思い出しました。

なので、彼の仕事を関東に移し、幸せになるのだな!と、とてもホンワカした気持ちになりました。

幸せのおすそ分けを頂いた気分でした。

そして何より

中村屋にくるのがもう最後なのでと言う理由で、若者にとって、決して安くはないキャメルの肌布団を買って下さる、その気持ちが、、、

感動しました。

なんだか最後のお別れの悲しい雰囲気が漂い、年々ゆるむ涙腺が開いてしまいそうになるのを、必死でこらえました。

私も何か気持ちでお応えしたくなり、

何か選別をと思い、周りを見渡すと、

「ふきん」が目に入ったので、それを手に取り

「ほんの気持ちですので、、、使って下さい! そして、彼女と幸せになって下さいね!」

と、お渡しいたしました。

するとお客様が

「彼女、僕が関東に引っ越すと同時に、九州に転勤することが決まりました。」

感動のお別れシーンから一転、

最悪の気まずいシーンに変わってしまいました。(^_^;)

何はともあれ

また、いつか、何処かで、

このお客様と、御縁が繋がる事を願ってやみませんでした。

でも、

後で、ふと思うのに

お別れの餞別に「ふきん」は

ダサいな。

おわり。

 

  • 記事カテゴリー:
記事カテゴリー一覧