商品の最新情報や、快適な睡眠時間を過ごすためのプチ情報などを随時更新中!
2021年8月14日 社長 社長
寝不足はワクチン効かない⁈

米FDA 3回目のワクチンを承認 免疫力低下の人に

https://news.yahoo.co.jp/articles/8e1267abefbefd00f417aec2b1af284f4e9dbb25

今朝、TVを見ていたら、コロナワクチンの3回目接種を認めるというニュースをやっていました。

なにやら、免疫力が下がってしまっている人は抗体ができにくく、3回目をうった方が良いとの事でした。

過去にも、インフルエンザの予防接種を打つ際に

「寝不足で免疫力が下がっている状態でワクチンを打つと抗体ができにくい」

と言う資料を見たことがありますが、コロナワクチンでも同じ事が言えるのですね!

そもそも、免疫力が高ければ、コロナにもかかりにくいとも言えるので、

ワクチン打つ打たないに関わらず、

免疫力を上げるためにも、良質な睡眠を取る事の重要度を再認識する事ができました。

こういう事を知れば知るほど、

この仕事のやり甲斐を感じます。

という事で、


みなさーん

自分に合った枕を作って、良質な睡眠を取る事で、免疫力をアップして下さいネ〜!*\(^o^)/*


って、

結局は商売か〜い!😅

  • 記事カテゴリー:
2021年7月18日 社長 社長
セミダブルベッドのススメ!

今日は、発売まも無い、新しいベッドフレームの納品に行って来ました。

今回は、シングルと、セミダブルを並べて設置。

最近は、お一人でセミダブルをお使いの方が凄く増えましたね!

もちろんその様にお勧めもしているのですが、

理由は、

寝返りのし易さ!

なのです。

寝返りがし難いと、中途覚醒が増えて眠りの質を落とすことや、寝返りが少なくなり過ぎると、腰痛の原因などにもなります。

例えば、シングルベッド(幅100㎝)で寝返りすると

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↑ この位横に移動してしまいます。

そうすると、肘までマットレスの外側に出てしまい腕がいたくなって、到底その状態のままでは寝られません!

そもそも、ベッドの隅ギリギリまで来てしまうので、落ちちゃいそうな恐怖感も強くて、そのまま熟睡出来る人は相当な大物か、「落ちちゃいそう恐怖感フェチ」のどちらかですね。😅

時々、落ちたなら落ちたで、そのまま床で寝続けるって言う強者も居るらしく、

お客様に、そんな事例を聞いた事は、一度や二度では有りません。

いずれにせよ、熟睡はし難いですね!

これが、セミダブルのベッド(幅120㎝)だと、

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ちゃんと肘までマットレスに収まっています。

この位置なら、腕が痛くなる事も無ければ、落ちちゃいそうな恐怖感も無く、熟睡出来そうですね!

もちろん、ダブル(幅140㎝)なら、なおいいです!

(2人で寝ては駄目です。)

他にもメリットは沢山有りますが、一番大きな理由が

「最低限必要な寝返りのし易い広さはセミダブル(幅120㎝」

という事になります。


今回納めさせて頂きましたベッドフレームは、純国産品なので、よくある海外製造のベッドや家具などを梱包から出した時にする、あの身体に悪そーな化学物質臭もしません!

むしろ、国産ヒノキのイイ香りがしました!

こちらのお客様は、このベッドフレームの上に普通の敷布団をのせて使うので、その厚みに合わせて高さも調整。

そんな使い方をする時にはとても有難い「マットレスのズレ防止機能」も付いてますので、最近よく使われる様になったウレタン製の三つ折りマットレスもズレないので、相性バッチリです👌

気になるお値段も、材料も製造も純国産にもかかわらずシングル税込で63,800円とお値打ちです。

何故お値打ちかと言うと、

チョットだけ節が多め。

でも、これはこれで、よく見りゃ

「いい味出してます!」

今なら、配送料設置組立費も無料となっております。(無料可能地域はお電話でご確認下さい)

  • 記事カテゴリー:
2021年6月16日 社長 社長
仰向き寝、横向き寝、どっちがイイ?

オーダー枕を作る際、

カウンセリングをさせて頂き、御自宅で寝ている環境や、肩こり腰痛などのお悩みなどをお聞きしていきます。

その中で、

「仰向きで寝ることが多いですか?」

「横向きで寝る事が多いですか?」

も、お聞きします。

ある統計によりますと、50%の方が横向きで寝る、40%の方が仰向き、そしてうつ伏せと答えた方が10%程だったというデータがあります。

で、

どちらが良いと思いますか?

色々な説がある事は承知しておりますが、

私が思う答えは、

どちらでもいい!

なのです。

何故ならば、人が寝ている時は必ず寝返りをします。

寝返りをするという事は、横向きになる時間も有れば仰向きになる時間も必ず有るという事であり、

寝返りしなくてはならないとも言えます。

(寝返りの必要性についてのブログはコチラ→「腰痛の原因⁉︎人体実験⁉︎」)

しかも、寝入ってしまっているのでどちら向きで寝ていたか?なんて覚えて無いはず、、、、。

なので、上に書いた統計も正確とは言いがたいですね。

したがって、

どっち向きで寝た方が良いか?

と言うよりも、

どっち向きで寝てもいいような環境にしておく事

が、もっとも重要と考えます。

という事で、

オーダー枕作製の為の計測は、仰向き寝と横向き寝の状態を両方とも測ります。

そして、寝返りの事を想定して、横向き仰向き両方に対応出来る枕になります。

ここ、とても重要な所だと思っております。

枕選びの参考にして下さいね!

因みに、

敷布団やベッドマットレスに関しても、

全く同じ理論が当てはまります。

次回は、その辺りについてかきたいと思います。


少し余談ですが、

お店でお客様に

横向きで寝て下さい!」

と言った時に、

全体的に横向きになる人 ↓↓↓

も、あれば

頭だけ横向きになる人 ↓↓↓

も、あるのです。

さらに、仰向きで寝てるって答えた人の中にも、上の写真みたいに頭だけ横向いてる人もいたりします。

なので、寝姿勢に関してのあらゆる統計は、あまりあてにならないような気がします。

因みに私も、仰向き時に、頭だけ少し横向きになるのですが、

こういう人の後頭部は大体出っ張っていたりします。

↓↓↓↓↓↓

私もご多分にもれず!

体型の特徴が、寝姿勢に影響する分かりやすい一例ですね!

それではまた!

  • 記事カテゴリー:
記事カテゴリー一覧