商品の最新情報や、快適な睡眠時間を過ごすためのプチ情報などを随時更新中!
2019年4月6日 社長 社長
春ですね

今日はポカポカ陽気でしたね!

だからか

仕事に追われていて気づかなかった、満開になった桜に目がとまりました。

一瞬落ち着いた気持ちになる事が出来ましたよ。

あまりの綺麗さに思わず写真をパチリ。

ピンぼけ。

夜だし。

暖かくなってきたら、お布団を春夏用にかえていきましょうね!

寝床内温度(布団の中の温度)は33℃がベストで眠りの質も上がります。

そろそろ、冬用の布団だとそれ以上の温度になってしまう日が増えてきます。

できれば合掛け(中羽毛0.8㎏位)と肌掛け(0.4㎏位)のものを用意して、その日の温度に合わせて二枚重ねたり、合掛け一枚にしてみたり、使い分けできればベストですね!

そして、お布団はしまう前にメンテナンスする事をお勧めします。

汚れたまんましまってしまうと汚れが取れなくなったり、お布団の傷みを早めてしまったりするし、寒くなってから使おうと思ったら破れてて羽毛が出てきて使えなかった〜!

なんて事になったら困っちゃいますからね!

何か分からない事などありましたらなんでもご相談くださいね!

そして、そして、

チラシが入ります。

よろしくお願いします。

  • 記事カテゴリー:
2019年3月15日 社長 社長
羽毛布団リフォーム

羽毛布団の側生地が縫い上がってきました。

〜〜〜 〜〜〜 〜〜〜 〜〜〜 〜〜〜 〜〜〜

ポツポツと羽毛布団のリフォームのご注文が入りはじめました。

でも、まだ寒いので羽毛布団は使ってるので、リフォームに出せない!

はずですよね!

ただ暖かい日が出てくると布団を干したくなります、

そして

干した時に、布団の破れや汚れを見つけちゃうんですね!

代わりのお布団がある方は

もっと暖かくなるのを待ってられずにお持ち頂きます。

どうしても!

というお客様には、リフォームしている間、代わりのお布団をお貸ししますよ、御相談下さいね。

それでは、また明日!

  • 記事カテゴリー:
2019年2月8日 社長 社長
当店の羽毛布団について

当店では、

基本的に羽毛布団はオリジナル(自社製造)にてお作りしております。

理由は、

近年、羽毛布団のリフォームをする様になってきた為、布団の中のダウンを実際にこの目で見て、触るようになる事によって、気付いてしまったのです。

それは、

「偽装表示」

確認はとってないので断言はしませんが、

例えば、中に入っているダウンの量が1.3kg入りと表示があって、実際に取り出してみたら1.5kg入っていたりします。

一見、表示より多く入れてあって、良心的と思われる方も有るかと思いますが、実はこれ、嵩が出ない低品質のダウンが入れてあって、膨らまないので多く入れて嵩を増しているのです。

(低品質のダウンは、匂いがする!直ぐにヘタってしまう!温かく無い!です。)

いくら多く入れてても低品質のダウンの方がコストがかなり低い為、製品としての原価は安くなるので、その辺のカラクリを利用して高く販売する。

なんて、羽毛布団が多く存在する事に気づいてしまったのです。

ただ、当店の様な小売店は、羽毛布団という製品を仕入れて販売する為、中のダウンは見ずに、ラベルの表示だけを信じてお客様にお届けするので、偽装表示されている羽毛布団を知らず販売してしまう事は、

有り得るのです。

「それは、絶対に避けたい!」

と、思い立ち

羽毛布団製造機を導入し、自社で仕立てる。

ダウンは、確実な品質な物を原料で仕入れる。

事にこだわっております。

↑入荷した河田フェザーのダウン

ダウン入荷先についてはコチラ↓

「ブログ・当店の羽毛布団の中味について」

前置きが長くなってしまいましたが、今年の中村屋オリジナルの羽毛布団に入れる

ダウンが入荷し、羽毛布団が出来上がったので、

その、ご紹介がしたかったのです。

写真は出来立てホヤホヤの羽毛布団なのですが、

皆様は、どっちが高級で温かいと思いますか?

実はですね、

意外にも

答えは、

真ん中のおじさんなんです!((((;゚Д゚))))

、、、。

いつもゴメンなさい。(o꒪ͧω꒪ͧo)

真面目に行きます。

答えは見た通り、大きく膨らんでいる右側のお布団の方が高品質でお値段もお高いです。

実はこの2枚の羽毛布団は2枚共同じ量(1.3kg)のダウンが入っています。

同じ重さなのに、沢山膨らんでいるという事なのですが、

つまり、沢山膨らんでいる方が、空気を多く含むので

温かい。

そして

コチラに入っているダウンはコレ↓

極寒のポーランドで大きく育ったガチョウから採取したダウン93%の物を1.3kg入れました。

この膨らみ具合からすると、1.3kgも要らないですね、

実際には1.2kg入れにしてもっと軽くした方が良いですね!それでも充分な保温力だと思います。

実際にかけてみるとすっごく軽くて温かいですよ!

お店でお試し出来ますので、お気軽に御来店下さいね!

買って下さいなんていいませんから。

何事も話や見るだけでは分かりません、体験すると1番理解出来ます。

お値段・・・148,000円

*☼*―――――*☼*―――――*☼*――――

で、

左のお布団はどうかというと

ハンガリー産のシルバーグース90%

1.3kg入れです。

もちろんとなりのポーランド産のダウンにはかないませんが、コチラも充分な保温力を持っていて、1.3kg入れれば非常に温かいです。

色がグレーなのが気になる方も有ると思いますが問題ありません。

一般的には、白いダウンの方が値段が高いですが、それは見た目によるものであって、性能は変わりません。むしろ、グレーの方が耐久性が高いのでは無いか?(説です)というくらいなので、特に気にする必要は無く、むしろ、お値打ちに高品質の物が出来るといったメリットがあります。

お値段・・・100,000円

*☼*―――――*☼*―――――*☼*―――

そして、

次のグレードはコチラ↓

1番左の柄のある羽毛布団。

お値段・・・39,800円

このクラスの羽毛布団に入っているダウンは

グース(ガチョウ)では無く

アヒルのダウンになります。

間違えました。

↑アヒル

一般的にはグースの方がダウンが大きく温かいが値段が高いです。

ただ、世の中に出回っているダウンはダックの方が圧倒的に多いと思います。

*☼*―――――*☼*―――――*☼*―――――

といった具合に色々なお値段、グレードがあるのですが、

3グレード並べて写真を撮ると、一目瞭然ですね!

3枚とも同じ重さなのに、膨らみ具合(保温力)が全然違います。

以下まとめ、

羽毛布団を選ぶ時にまずもって重要なのは、

ちゃんとした中味が入っているかどうか⁈

信頼出来るお店であるか?

です!

あとは、ご自身の、

体質(暑がり寒がり)

環境(マンションか一戸建かなど)

ご予算

に当てはまるところで選んで頂けばいいかと思います。

色々と回りくどく書いてきましたが

要するに

中村屋の羽毛布団は安心です!

と、

言いたかったのです。

言わないと

誰も気付いてくれませんので

色々、機械にお金かけちゃってますので

どうか

中村屋の羽毛布団を

よろしくお願いします。

おわり。

  • 記事カテゴリー:
記事カテゴリー一覧