商品の最新情報や、快適な睡眠時間を過ごすためのプチ情報などを随時更新中!
2021年2月21日 社長 社長
頭が安定しない理由は?

本日、オーダー枕の調整にご来店のお客様。

「基本仰向きで寝る事が多いのだけど、なんか、安定しないというか、落ち着かないというか、よく分かんないけど、力が抜けないの!」

という、

枕を作ってからご自宅で使って見た上での御感想。

実は、こう言った声はよくお聞きします。

理由は、全てでは無いですが後頭部の形にあります。

このお客様の後頭部の計測データ

計測データを見ると、後頭部の出っ張りが強い事が分かります。

ここが出っ張っていると不安定になりがちで、「頭が落ち着かない」となりやすいのです。

楕円形のラグビーボールを立たせようとするシーンを思い浮かべてもらうとわかりやすいと思います。

この様な方は、仰向きで寝てても、頭だけ少し横を向いていたりします。

もしくは、横向き寝が多くなりがちです。

対策は、首元の高さを上げて、首元をフィットさせてあげる事です。

後頭部の出っ張りが強い=首元の隙間も多い。

とも言えるので、そこを埋めてあげる事で、頭自体の安定感も上がります。あとは、頭全体の角度と本人様の感触を見ながら聴きながら、全体の高さを合わせていくと、良くなります。

中素材も、柔らかめのほうが出っ張りを受け止めてくれるのでよりいいかと思います。

という事で、今回はその辺りを調整させて頂きました。

後は、ご自宅のマットレスと枕との兼ね合い次第で変わるので、少し寝てみないとわからないですね!

2週間程使ってみて、再度調整に来ていただく様にご案内致しました。


この様に、ちょくちょく調整しながら、ご自宅で使った時の最善を見つけていく工程が、本来必要と考えますので、調整無料期間を設定させて頂いております。

こうする事で、

買ったけど使わなくなってしまった!😔

なんていう最悪の状況を防ぐ事ができるのも、オーダー枕の大きなメリットの一つです。


この事例に関しては、

私は非常に詳しいです。

何故ならば、

私の後頭部も出っ張り系だからなのです!😉

↓↓↓

絶壁後頭部が羨ましいです。😔😔😔

  • 記事カテゴリー:
2021年2月20日 社長 社長
快眠を届け元気を広める!為に!

南知多町のふとん工房に新たに

キルティングマシーン!

を、導入致しました。

中村屋では、

「快眠を届け!元気を広める!」

という理念を掲げております。

それを実現する為に必要な事は、

十人十色に合わせた睡眠環境を整える

事と考えます。

それには、オリジナルな寝具を自社で加工作製する必要があり、今までも

羽毛布団製造機 ↓↓↓

めん綿打ち直しマシーン ↓↓↓

などを導入し、実現して参りました。

そして今回のキルティングマシーンは、その名の通り、キルティングできるミシン。つまり、綿の入ったふとんを直接縫い込む事ができるのです。

これで、オリジナルで作れる物が増えます。

例えば、赤ちゃん用のお布団をオーガニックの綿100%の綿を入れて薄く作ったりとか、

特大サイズのコタツのお布団を作ったりする事も可能です。

まだまだ可能性は無限大で、只今色々とできる事を模索中なので、何かいいアイデアが浮かんだら、ブログで発信していきたいと思います。

楽しみです。

↑↑↑練習でメチャクチャ縫いまくった肌布団。

  • 記事カテゴリー:
2021年2月18日 社長 社長
犬に枕は必要か⁉︎

↑↑↑ コレは、

実験の為に飼うことにしたイッヌ様のちくわ君です。

まだ子供なので、いつも気持ち良さそうに寝ています。

この子を譲り受けたブリーダーさん曰く

この子はねぇ、とっても大人しくって、全然泣かないいい子なのよぉ〜。」

というふれこみで、やって来た訳なのですが、

ウチに来て2週間ほどで、

よく暴れて、メチャクチャ鳴く子

に、

順調に育っております。

寝ている時はとてもカワイイです。

という事で、暴れている以外はほとんど寝ていまして、その寝姿を見た時に、ふと思ったのです。

🐩犬に枕はいるのか?🐕

結論から言いましょう!

いるっ!

何故ならば、

実験の成果と言うべきか!

実験犬のちくわ君のいつもの寝姿が物語っておりました。↓↓↓

なんとっ!

毛布(息子が昔使っていたアンパンマン毛布)を、上手にたたんで、枕にしているではないか!(@_@)

(「上手にたたんで」は、話を盛りました。)

やはり、私の理論は間違っていなかった様です。

「私の枕理論」↓↓↓

枕とは、寝た時にできる身体の隙間を埋めて、リラックスした状態(自然に立っている時と同じ状態)にする為に必要な物である。

つまり、この犬は

本能的に楽な姿勢で寝る為に、枕を使っている状態になっているという事!

もちろん、犬畜生なので、私の思惑を忖度したり、なにか見返りを期待してこの様な寝姿勢をとったはずも無く、

この実験の信憑性が高い事は言うまでもありません。

さらに!

敷布団も、枕同様の理論が当てはまり、

つまり、身体の隙間を埋める事が重要な訳で、この実験犬の身体にも隙間がある訳で、

どの様に寝ると楽かと言うと、

↓↓↓こうなります。

なんと、犬独特の後ろ足の付け根辺りにある窪み(隙間)を犬用のマットの出っ張り部分をあてがって寝ているではないか!

きっと、この寝姿勢が楽だからに違いない!


この実験の結果、

イッヌには、枕が必要!(買い与えなくても自分で毛布とかを調整して枕にするからOK)

という事が判明致しました。

更に、

敷布団も必要!(ホームセンターで売っている物を与えておけば、勝手にしっくりくる場所で寝るからOK)


今後も、睡眠とウールみたいな毛についての実験犬

「ちくわ号」

での、成果や発見がありましたら、コチラで発表していきたいと思いますので、注目していて下さい。


それにしても、犬は丸まって寝ると思ってたのに、

足伸ばしてうつ伏せで寝るとは。( ゚д゚)

知りませんでした。

  • 記事カテゴリー:
記事カテゴリー一覧