商品の最新情報や、快適な睡眠時間を過ごすためのプチ情報などを随時更新中!
2019年1月21日 社長 社長
方言

なんだか、

今日は、

平凡な1日ですね、

特に寒い訳でも無いし、

もちろん暑くもないし、

忙しい訳でも無く、

特に暇でも無い。

平和です。

オーダー枕のお客様も有ったのですが、私が対応してないので、レポートも書けない。

平和です。

話は変わりますが、今日、休憩している時に方言の話になって、改めて、地元の方言を発見しました。

発見というか、方言である事に気づきました。

時々、接客中にも、出てそうで心配です。

方言その1

「しょみたれ」→だらしない人

方言その2

「すやくる」→手を抜く

方言その3

「はりぱん(はりぴん)」→ビンタ

方言その4

「あよぶ」→歩く

私は、時々使ってましたが、こうして文字にすると、ほぼ外国語ですね。

田舎者実感です。(^^)

━━━☞・‥…━━━☞・‥…━━━☞‥

本日、値札にシールを貼る作業をしました。

お客様へのお手紙。

本日発送致しました。

明日か明後日には届くと思います。

色々な特典もご用意致しましたので、この機会に是非お越しください。

あ、

明日は定休日なので明後日に

お待ちしております。

  • 記事カテゴリー:
2019年1月20日 社長 社長
仰向き寝が多い人の注意点

【オーダー枕レポート】

半田市・20代・男性・F様

お悩み・・・過去に首ヘルニアと診断

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

本当に最近、20代でオーダー枕を作りに来て頂く方が多いです。

何故か男性が多いですね。

お悩みといっても、まだお若いので特に深刻な状況では無いようです。

詳しく、作る事にした理由をお聞きすると

「ちゃんとした枕で寝てみたい!」

との事でした。

ちゃんとした枕が、どの様な高さか?

知りたかったそうです。

お若い方にも、一般的にも、

睡眠に対する意識が高まっているのですね!

はい!

それには計測するしかありません!

という事で早速計測しました。

沢山の方の計測をしていくと、背中の形状は大きくこの6タイプに分かれます。

F様の背中の形状は、背出タイプ。

背出タイプの方の特徴は、

背中の大きな面積で体を支える事が出来るので仰向きで寝やすいのですが、形状だけでは判断出来ない部分もあります。

それは身体の場所によって、重さが違う事にあります。

その為、身体のどの部分がどれだけ圧力がかかっているかを計測する必要もあります。

計測結果を見ると、やはり、背中からお尻にかけての一番重い部分が、全体的に大きい面積で支えられてる事により、極端に圧迫が強くなる濃い赤色になっているところは少ないです。

F様も、ほとんど仰向きしか寝ないと仰っておりました。

↑横向きで寝た時の体圧データを見ると、かなり圧迫が強くなっているのがわかります。

必然的に、仰向き寝が多くなりますね。

こういった特徴がある方は、仰向き寝の状態を基準に枕選びをしている方が多く、F様が今まで使っていた枕も、大体そんな高さの枕だった様です。

実は、ここに落とし穴があります。

人は必ず寝返りをしていて、自分ではほとんど仰向きで寝ていると思っていても、意識の無い睡眠中は、結構横向きで寝ていたりするのです。

その時に仰向き寝を基準に選んだ枕だと、寝返りをして横向き寝になった時、大体が低すぎて、こうなります。↓

この姿勢は首の負担が大きいです。

しかも、寝入ってしまって意識が無い状態でこの姿勢になっていても、自分では気付けないのです。

仰向き寝が多いと自覚されてる方で、

朝首が痛いっ!

方は、これが原因かもしれません。

F様も、首ヘルニアが有るとの事でしたので要注意ですね!

痛くなる前に、普段から負担の少ない状態で寝る事は大切です。

睡眠は、やめることが出来ない、死ぬまで毎日続けなくてはならないですからね、

健康への影響力は膨大です。

  • 記事カテゴリー:
2019年1月19日 社長 社長
隠されたストーリー!

今日は中村屋スタッフ総動員(総勢3人)で、

間も無く発送するお客様へのお手紙の、住所ラベル貼りと、仕分けを行なっております。

こういう作業は、

おば、、、、

もとい

女子 にはかないません。(O_O)

当店のレディー(女子)たちは

ラベルの住所と名前を見ただけで

当店のレディーA

「あ、この方の旦那さんも枕作って頂いてたよね?おかしいな、ラベルに印刷されてないな」

当店のレディーB

「あー、あの**町のあの人ねぇ!作った作った!」

(心の声)

「そんなの全然知らんし!私がいない時に店長が対応したお客様だな」

と、思いつつも、誰が担当したかパソコンでチェックすると、

私が担当してるやんけ〜!

その後も

なんとなく、

私の存在感が薄れ

寂しい気持ちになり、

ラベルシールを貼る作業に没頭するするも

孤独感に耐えきれず

「この苗字珍しいよねー!」

と、思い切って発言するも

当店のレディーA

「・・・」

当店のレディーB

「・・・」

誰も返事が無いどころか

ノーリアクション。(´×ω×`)

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

何が言いたかったと申しますと

当店のレディーたちは、大変優秀で記憶力がバツグンで、お客様の事をよ〜く覚えてて、私、凄く助かっている

という事です。

1700件以上ある名簿の中から

そんな会話がしょっちゅう飛び交うなんて!

なんという記憶力!

おば、、、

もとい、

レディーにはかないません。

間も無く、皆様のお手元に届くこのお手紙には、

そんな悲しくも、素晴らしい、ストーリーが隠されています。

お楽しみに!

  • 記事カテゴリー:
記事カテゴリー一覧