商品の最新情報や、快適な睡眠時間を過ごすためのプチ情報などを随時更新中!
2018年1月15日 社長 社長
貴方に合うマットの硬さとは?

オーダー枕を作る上で、オーダーメイドなので当然計測致します。

枕の高さを測る為には後頭部から首にかけての形を測り作っていきます。

のですが、

実は、それでは正確な枕の高さを算出出来ないのです。

理由は背中の形も人それぞれで、それが枕の必要な高さに影響するからです。

(詳しくは、おいおいブログに書いていきたいと思いますが)

なので背中の形も計測し、その結果が出てきます。

そうすると大体下記の6タイプに分かれます。

これによって、どう言う敷布団やマットレスが合うのかもわかってきます。

今回のお客様はご夫婦でお作りになりました。

計測結果は以下の通り。

上がご主人様で「Wラインタイプ」

背中の凹凸が大きいタイプのため、腰の浮きが多くなる事と、構造上背中とお尻2点の狭い面積で身体を支える事になり、その部分の圧迫は強くなります。

なので仰向けに寝るのはし辛いとも言え、実際に横向き寝の人が多いです。

ところがこの方は仰向け寝が多いとの事。

理由は体圧計測すると分かりました。

上の計測結果がご主人様のものですが、以外にも腰辺りも寝具が当たっていて、その分お尻の圧迫が軽減されている事が分かります。なので仰向けで寝る事が多いのですね!後は肩幅が広い事が横向きになりにくいのも理由の一つだと思われます。

反対に下の結果は奥様。腰辺りが空いていて、その分お尻の圧迫が強くなってしまっています。やはり奥様は横向き寝メインだそうです。

身体の形だけで合う寝具を判断するのは不十分で、身体の重さの分布も計測して判断していかなくてはいけません。

総合的に判断するに

ご主人様に合う敷布団やマットレスの硬さは

一言で言ってしまえば

「やや硬め」の物の方がメリットは大きいと判断出来ます。

奥様は「柔らかめ」の方がメリットが大きいと言えます。

 

が、

正直言うと、そんなに簡単なものではなくて、

癖や体質、寝室環境、子育て中とか、更には精神的な部分などなど

色々な要素が複雑に絡み合っております。

もっと詳しくは御来店、計測させて頂ければより深くお話しさせて頂けます。

人間とは複雑です。

 

 

その人に合う物を作る為に

枕1つでも

実に奥が深く、

おもしろい。

です。

 

  • 記事カテゴリー:
2018年1月13日 社長 社長
フリース着たまま寝たらあかん理由

朝、水道の水が出ない。

何故か、お湯は出るのですが、

何しろ寒いですね。

近所の池が凍ってました。(@_@)

 

こんな寒い夜は、厚着してフリース着てアクリル毛布にくるまって寝てませんか?

取り敢えず、あったかいすけどね!

 

ただし、それっ、

 

眠り、浅くなっちゃいますよ!

 

理由↓  長文になっちゃいますが読んでね。^_−☆

 

寝ている間に冬でもコップ一杯の汗はかいている。

これは汗をかく事によって体温を下げて、体温を下げる事によって深い眠り(ノンレム睡眠)に入る事が出来るからなんですね。

(厳密に言うと「汗をかく」と言うよりも「汗を蒸発させる」事ですね)

 

つまり、深い眠りにつくためには汗をかかなくてはいけないのです。

汗をかくという事は布団の中の湿度は上昇します。

湿度が高くなると、汗をかき辛くなってしまい、体温が下がらず、深い眠りにつきにくくなってしまいます。

 

と言う事は

汗かいて高くなってしまいがちな寝具内湿度のコントロールが、大きく睡眠の質に影響すると言う事なんですね!

当然、

フリース、アクリル毛布などは化学繊維なので、保温力は有っても吸湿性は悪く、布団の中はムレムレの高湿度になりやすいです。むしろ保温力があって吸湿性が低いと汗が液体となって身体を流れやすく、それによって身体の表面を冷やしてしまう事になると言う悪循環に陥ってしまいます。

最近では、化学繊維が使われた寝具が多く上記の状態で眠りの質を落としてしまっている方々が多いのです。

 

あります! 解決策!

まず、パジャマは綿かシルクのものに

そして吸湿発散性の非常に高いウールの寝具をどこかに使えばイイんです。

ヒツジは夏でも冬でも毛が生え変りませんが、一年中あの毛むくじゃらで過ごせるのです。

よく考えたらすごいですよね!

要するに湿度温度コントロール性が優れているからなんですね!

その毛むくじゃらのウールを拝借して寝具に使えば最適である事は間違いない!

これ↓おススメです。

寝具の状態では世界一吸湿性の高いと言われているふとん。

ベッドパット、敷布団、掛布団

etc…色々あります。17,280円〜。

 

朝起きるとダルい。よく目が醒める。寝れない。

そんな方は布団の中がムレてるからかもしれませんね。

寝具の質が、眠りの質にも影響します。

おわり。

 

 

  • 記事カテゴリー:
記事カテゴリー一覧