商品の最新情報や、快適な睡眠時間を過ごすためのプチ情報などを随時更新中!
2019年2月9日 社長 社長
臭い人も臭く無い人もおススメです!

「オーダー枕無料お手入れ会開催中」

の為、毎日沢山のお客様の枕をチェック、調整させて頂いております。

色々とお客様とお話しするのですが、その中で1番多い寝具の問題点は、化学繊維(ポリエステルなど)の毛布やカバーなどを多く使っている事による寝床内の湿度上昇。

これによって眠りの質を落としてしまっている方が多いことっ!

それを改善する為には

例えば布団カバーを綿100%の物に変えるとか

パジャマを綿やシルクの物に変えるとか

して頂くと良いのですが、

1番効果的なのは、ウール素材のベッドパッドを使うと良いですね!

羊の身体を覆っているウールは湿度や温度のコントロール性が抜群です。まさしく身体を乗せて使うベッドパッドには最適なのです。

そして、ベッドパッドとなるとウール綿の量が多くなるので、汗をかいて高くなってしまった湿気を吸う量も格段に多くなります。

という事で、めっちゃ売れてます!

何故か

ウールのスリッパが、、、。

これ履くと

◯トリのスリッパが履けません。蒸れが気になっちゃって、、、!

このスリッパはウールの吸湿性の良さが実感出来ます。しかも、ウールは消臭性もあるので臭くなりにくい!

足の臭い方に、おススメです!

あ、臭く無い方にも、(^^;

もちろん私も愛用しております!

足は臭く無いですけどね。

あ、

もちろん、ウールのベッドパッドも

ちょくちょく売れとります。

どっちかって言うと

ウールのベッドパッドが

おススメです。

  • 記事カテゴリー:
2019年2月8日 社長 社長
当店の羽毛布団について

当店では、

基本的に羽毛布団はオリジナル(自社製造)にてお作りしております。

理由は、

近年、羽毛布団のリフォームをする様になってきた為、布団の中のダウンを実際にこの目で見て、触るようになる事によって、気付いてしまったのです。

それは、

「偽装表示」

確認はとってないので断言はしませんが、

例えば、中に入っているダウンの量が1.3kg入りと表示があって、実際に取り出してみたら1.5kg入っていたりします。

一見、表示より多く入れてあって、良心的と思われる方も有るかと思いますが、実はこれ、嵩が出ない低品質のダウンが入れてあって、膨らまないので多く入れて嵩を増しているのです。

(低品質のダウンは、匂いがする!直ぐにヘタってしまう!温かく無い!です。)

いくら多く入れてても低品質のダウンの方がコストがかなり低い為、製品としての原価は安くなるので、その辺のカラクリを利用して高く販売する。

なんて、羽毛布団が多く存在する事に気づいてしまったのです。

ただ、当店の様な小売店は、羽毛布団という製品を仕入れて販売する為、中のダウンは見ずに、ラベルの表示だけを信じてお客様にお届けするので、偽装表示されている羽毛布団を知らず販売してしまう事は、

有り得るのです。

「それは、絶対に避けたい!」

と、思い立ち

羽毛布団製造機を導入し、自社で仕立てる。

ダウンは、確実な品質な物を原料で仕入れる。

事にこだわっております。

↑入荷した河田フェザーのダウン

ダウン入荷先についてはコチラ↓

「ブログ・当店の羽毛布団の中味について」

前置きが長くなってしまいましたが、今年の中村屋オリジナルの羽毛布団に入れる

ダウンが入荷し、羽毛布団が出来上がったので、

その、ご紹介がしたかったのです。

写真は出来立てホヤホヤの羽毛布団なのですが、

皆様は、どっちが高級で温かいと思いますか?

実はですね、

意外にも

答えは、

真ん中のおじさんなんです!((((;゚Д゚))))

、、、。

いつもゴメンなさい。(o꒪ͧω꒪ͧo)

真面目に行きます。

答えは見た通り、大きく膨らんでいる右側のお布団の方が高品質でお値段もお高いです。

実はこの2枚の羽毛布団は2枚共同じ量(1.3kg)のダウンが入っています。

同じ重さなのに、沢山膨らんでいるという事なのですが、

つまり、沢山膨らんでいる方が、空気を多く含むので

温かい。

そして

コチラに入っているダウンはコレ↓

極寒のポーランドで大きく育ったガチョウから採取したダウン93%の物を1.3kg入れました。

この膨らみ具合からすると、1.3kgも要らないですね、

実際には1.2kg入れにしてもっと軽くした方が良いですね!それでも充分な保温力だと思います。

実際にかけてみるとすっごく軽くて温かいですよ!

お店でお試し出来ますので、お気軽に御来店下さいね!

買って下さいなんていいませんから。

何事も話や見るだけでは分かりません、体験すると1番理解出来ます。

お値段・・・148,000円

*☼*―――――*☼*―――――*☼*――――

で、

左のお布団はどうかというと

ハンガリー産のシルバーグース90%

1.3kg入れです。

もちろんとなりのポーランド産のダウンにはかないませんが、コチラも充分な保温力を持っていて、1.3kg入れれば非常に温かいです。

色がグレーなのが気になる方も有ると思いますが問題ありません。

一般的には、白いダウンの方が値段が高いですが、それは見た目によるものであって、性能は変わりません。むしろ、グレーの方が耐久性が高いのでは無いか?(説です)というくらいなので、特に気にする必要は無く、むしろ、お値打ちに高品質の物が出来るといったメリットがあります。

お値段・・・100,000円

*☼*―――――*☼*―――――*☼*―――

そして、

次のグレードはコチラ↓

1番左の柄のある羽毛布団。

お値段・・・39,800円

このクラスの羽毛布団に入っているダウンは

グース(ガチョウ)では無く

アヒルのダウンになります。

間違えました。

↑アヒル

一般的にはグースの方がダウンが大きく温かいが値段が高いです。

ただ、世の中に出回っているダウンはダックの方が圧倒的に多いと思います。

*☼*―――――*☼*―――――*☼*―――――

といった具合に色々なお値段、グレードがあるのですが、

3グレード並べて写真を撮ると、一目瞭然ですね!

3枚とも同じ重さなのに、膨らみ具合(保温力)が全然違います。

以下まとめ、

羽毛布団を選ぶ時にまずもって重要なのは、

ちゃんとした中味が入っているかどうか⁈

信頼出来るお店であるか?

です!

あとは、ご自身の、

体質(暑がり寒がり)

環境(マンションか一戸建かなど)

ご予算

に当てはまるところで選んで頂けばいいかと思います。

色々と回りくどく書いてきましたが

要するに

中村屋の羽毛布団は安心です!

と、

言いたかったのです。

言わないと

誰も気付いてくれませんので

色々、機械にお金かけちゃってますので

どうか

中村屋の羽毛布団を

よろしくお願いします。

おわり。

  • 記事カテゴリー:
2019年1月20日 社長 社長
仰向き寝が多い人の注意点

【オーダー枕レポート】

半田市・20代・男性・F様

お悩み・・・過去に首ヘルニアと診断

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

本当に最近、20代でオーダー枕を作りに来て頂く方が多いです。

何故か男性が多いですね。

お悩みといっても、まだお若いので特に深刻な状況では無いようです。

詳しく、作る事にした理由をお聞きすると

「ちゃんとした枕で寝てみたい!」

との事でした。

ちゃんとした枕が、どの様な高さか?

知りたかったそうです。

お若い方にも、一般的にも、

睡眠に対する意識が高まっているのですね!

はい!

それには計測するしかありません!

という事で早速計測しました。

沢山の方の計測をしていくと、背中の形状は大きくこの6タイプに分かれます。

F様の背中の形状は、背出タイプ。

背出タイプの方の特徴は、

背中の大きな面積で体を支える事が出来るので仰向きで寝やすいのですが、形状だけでは判断出来ない部分もあります。

それは身体の場所によって、重さが違う事にあります。

その為、身体のどの部分がどれだけ圧力がかかっているかを計測する必要もあります。

計測結果を見ると、やはり、背中からお尻にかけての一番重い部分が、全体的に大きい面積で支えられてる事により、極端に圧迫が強くなる濃い赤色になっているところは少ないです。

F様も、ほとんど仰向きしか寝ないと仰っておりました。

↑横向きで寝た時の体圧データを見ると、かなり圧迫が強くなっているのがわかります。

必然的に、仰向き寝が多くなりますね。

こういった特徴がある方は、仰向き寝の状態を基準に枕選びをしている方が多く、F様が今まで使っていた枕も、大体そんな高さの枕だった様です。

実は、ここに落とし穴があります。

人は必ず寝返りをしていて、自分ではほとんど仰向きで寝ていると思っていても、意識の無い睡眠中は、結構横向きで寝ていたりするのです。

その時に仰向き寝を基準に選んだ枕だと、寝返りをして横向き寝になった時、大体が低すぎて、こうなります。↓

この姿勢は首の負担が大きいです。

しかも、寝入ってしまって意識が無い状態でこの姿勢になっていても、自分では気付けないのです。

仰向き寝が多いと自覚されてる方で、

朝首が痛いっ!

方は、これが原因かもしれません。

F様も、首ヘルニアが有るとの事でしたので要注意ですね!

痛くなる前に、普段から負担の少ない状態で寝る事は大切です。

睡眠は、やめることが出来ない、死ぬまで毎日続けなくてはならないですからね、

健康への影響力は膨大です。

  • 記事カテゴリー:
記事カテゴリー一覧