商品の最新情報や、快適な睡眠時間を過ごすためのプチ情報などを随時更新中!
2018年6月21日 社長 社長
中村屋、都市伝説!

当店では、

「社長(私)がいないと忙しい」

という、都市伝説がありまして、

土砂降りの雨なのに、私の居なかった昨日は大忙し!

梅雨なのに晴れ上がった、私の居る本日は暇。

事実、私が出かけると行き違いでお客様が入って来たり、

私が帰って来るとお客様も帰るという場面を見る事がありますが、

あえて、その事は誰にも言いません。

経営者として、こんなに気分の悪い事はありませんが、考えてみれば、私さえ居なければ、商売繁昌するという事なので、

私は、もう何処かへ行こうかな、、、(/ _ ; )

冗談です。(^_-)

こんなの作ってるんです。

ヒマ人ですね。(^_^;)

 

どうも、昨日辺りから、ネガティブでいけません。(^_^;)

 

気をとりなおして、

 

【本日のオーダー枕レポート】

半田市 30代 女性 K様

眠れない事がお悩み。

布団に入って、5時間くらい寝れない事もあるのだとか、

そうすると、布団の中で覚醒している時間も長くなります。目が覚めたままなので筋肉も緩んでおりません。その状態で5時間も横になって居る事は苦痛です。

枕が合って無い事が余計に気になって来ます。

先ずは、睡眠のリズムを整える事が必要です。すぐに出来ることで、朝起きたら真っ先に、窓際1メートル以内に近づき、太陽の光を15秒以上浴びる事をお勧め致しました。

そうする事で眠たくなるホルモン、メラトニンの分泌を抑制させ、血圧や呼吸、心拍などが活動的になるセロトニンの分泌が活性化します。そして、その14〜16時間後に眠たくなるホルモン、メラトニンの分泌の予約スイッチを入れる事も出来るのです。

そしてそれらの作用をよりよくする為には、リラックスした状態で眠る事、それにはいい姿勢で寝る事、つまり、枕の高さが自分に合っている事が必要です。

全てがリンクしていて、それらを総合的に整えていく事で睡眠もよりよくなっていくと思います。

1つずつ、改善していって下さいね!

まずはオーダーメイド枕で寝姿勢を整える事が出来ますね!

明日から

気持ちイイ朝を迎える事が出来るとを願っております。

ありがとうございました。

 

  • 記事カテゴリー:
2018年6月16日 社長 社長
年齢と枕の関係

チラシ投入初日。

今日は予想外のいい天気!

新聞折込チラシを入れた日が、

雨か?晴れか?

これによって、お客様の入りも全然違います。

梅雨なのでね、雨でもしょうがないと諦めて、数日前に本日チラシ投入を決断したのですが、私の心掛けがいいのか、

気持ちのいい晴天!

結果、

お布団干して、しまおかな?

となって、

朝、新聞見る

↓これ発見!

ちょっと行ってみるか!

中村屋大忙し!

と、なったわけで、

心地よい疲れを一人で噛み締めながら、閉店後の店でブログ作成中です。╰(*´︶`*)╯

 

ただ、豊田とか、刈谷とか、美浜とか、

チラシ入ってない所のお客様も多かったのは、、なぜ?

チラシ効果じゃ無くて

運?

 

いやいや、

このブログを見て来てくれたんですよね!

きっと、

たぶん、

のような気が、、、、

します。(^^;;

 

本日私が担当した枕のお客様は3名様。

枕作製、累計1,000人は超えてると思うのですが、最近気付いた事は

若い方ほど「横向き寝」率は高い!

年を重ねるほど「仰向き寝」率が増えてくる!

という法則。

何故か?

 

これ、20代の方の計測結果

 

 

これ、50代の方の計測結果。

これ見て頂くと若い方の方が腰の空きが大きいです。

腰が浮いた状態で仰向けで寝ていると腰の筋肉が休まりづらいので、どうしても横向き寝が多くなりがち。

50代の計測結果のように背中が真っ直ぐで腰の隙間が空きづらい状況だと背中の大きい面積で身体を支えることができるので腰なども楽だし仰向けで寝やすいのですね!

もちろん、人間は複雑怪奇!一概には言えませんが、ある程度の法則は感じられますね!

つまり、年齢とともに体型が変わっていき、(背中のカーブが少なくなる)

寝姿勢も変わってくる。

それによって、必要な枕の高さも変わってくるのです。

つまりは、年齢による体型変化に合わせて枕も調整していかなければならないのです。

調整出来る機能がとても重要なのですね!

同様に敷布団やベッドマットレスも同じ様な事が言えると思います。

その辺りを対応する為に、マットレスにもサポート機能が付いているのです。

オーダー枕は10年間調整無料!

マットレスのサポートバーは1本1,200円+税で対応可能です。

 

はたして10年でそこまで体型が変わるか?

とも思いますが、変わる方もありますね

(太ったとか(^^;;)

枕やマットレスは長く使う物です。

アフターのサポートが必要で大切です。

 

 

ちなみに45才の私は

横向き寝が多いです。

という事は、、、。(^.^)

 

まだまだ若い証拠だな!

 

なにタイプかは?

ヒミツです。(^з^)-☆

 

  • 記事カテゴリー:
2018年5月21日 社長 社長
オーダー枕作ったけど合わない⁉︎

「オーダー枕を作ったけど、どうしても合わない!」

について考えてみました。

オーダー枕をお作りして、合わない場合は、何度でも微調整(無料)して合わせていくのですが、それでも、どうしてもしっくりこない方は一定数います。

その様な方は時間をかけて何度も調整しながら色々お話しをしていくのですが、その中で見えてくるのが、ベッドや敷布団が体型に合っていないという事。

なぜその様な事が起こるかという事を体圧測定器を使って説明したいと思います。

 

まずは枕をかった状態の身体の圧力分布

 

そして、枕を外した状態で寝るとどうなるか?

腰の隙間が大きくなったのがご覧頂けますでしょうか?そしてその分背中の圧迫が強くなり、赤い部分が増えます。

これは、どういう事かと言うと、枕があるか無いかで枕からは離れている身体の部分の隙間がふえたり圧迫される部分が変わる、つまり身体の姿勢が変わってしまうのです。

枕の高さが変わると、身体の姿勢も変わると言う事が分かります。

 

さらに、次の画像を見て頂くと

膝を立てた状態の圧力分布ですが、膝を立てても腰の隙間が埋まります。

よく腰が悪い人や、マットレスや敷布団が合ってなくて腰の隙間がある状態の人は膝を立てたり必要以上に高めの枕を好むのは、この為の場合が多いです。

腰をかばうあまり、首を痛めて、結果的には両方悪くなってしまう!

なんてのが最悪の悪循環ですね!

 

この辺りが

「オーダー枕を作ったけど、どうしても合わない!」

の原因である事が多いです。

解決策はマットレスや敷布団を体型に合った物に変えるしかありません!

 

頭と身体は繋がっております。

それを支える枕とマットレスはバラバラですが、

繋がって考える必要があります。

これが答えです。

 

「枕を作ったけど、どうしても合わない!」

思い当たる節があるかたは御相談下さい。現状での解決策をお話しさせて頂きます。

  • 記事カテゴリー:
記事カテゴリー一覧