商品の最新情報や、快適な睡眠時間を過ごすためのプチ情報などを随時更新中!
2019年7月22日 社長 社長
湿気対策!

愛知県半田市のオーダー枕、オーダーマットレス、ふとんとベッドの専門店。

快眠工房 中村屋 濱島です。

・‥…━━━☞・‥…━━━☞

ただ今半田市は雨☔️。

今年はウンザリする様な 雨・雨・雨!

凄い湿度でなのでクーラー効いたお店から外に出ると、メガネが曇って

バカっぽくなっちゃいます。

お布団の中の湿気も逃げ場がなく、こもってしまってベトベトになっている可能性があるので、チェックしてみて下さいね!

気がついたらカビだらけ!なんて事もよくあります。

その上に寝続けるなんて!

考えただけでもゾッとします。

実際に裏側がカビてしまっている敷布団やマットレスをいっぱい見てきました。

特に、敷布団の裏側、ベッドマットレスも一緒です、裏側に湿気がたまりますので、この時期は、出来れば毎日風を通す様にして下さい。

マットレスの下に何かを当てがい、隙間を作って、扇風機を当ててあげるのも効果的です。

あとは、

除湿シートを敷布団やマットレスの下に敷いておくのもかなり効果的です。

意外にも、冬場でも、温度差で結露したり加湿器の影響なんかで湿気がたまり、カビが生えてしまう原因にもなるので、

除湿シートを一年中使うことをオススメしております。

シングル用・・・5,400円

  • 記事カテゴリー:
2019年7月14日 社長 社長
フカフカ枕ってどうなの?

【オーダー枕レポート】

東海市・20代・男性・A様

お悩み・・・首コリ、うつぶせで寝る

お電話での問い合わせで、

「オーダー枕って、買わなくても、体験だけでも大丈夫ですか?」

との事。

「もちろん大丈夫です。」

と、お答えさせて頂き、30分後に御来店頂きました。

「枕が原因かは分からないけど、朝起きると首が痛いんだわ!そのうち治るんだけどね」

との事です。

そう言われる方は多いです。

もちろん枕が100%原因とは限らないですが、”そのうち治る”という事は、寝ている間に原因がある可能性は高いですね。

よく考えれば、寝ている時間は1日の3分の1で、非常に長いです。

この時の寝姿勢が悪いと、つまり、枕が合っていないと、首への負担をかける時間も非常に長くなってしまいます。

結果、首が痛い、肩がコルといった事につながる可能性は高いです。

A様は、柔らかい、フカフカの枕が大好きで、自分に合っていると思われていました。

※当店で作ったフカフカ枕↑

A様は、実は大柄で非常にたくましい体つきです。

その様な方が、フカフカな枕に寝ると沈み込みが大きくて、頭をのせた状態だと低い枕になりがちです。

ただ、A様を計測させて頂いたら、低い枕が合う事が判明!

おそらく今お使いのフカフカ枕で寝た時、沈んだ状態の高さは、奇跡的にまあまあ合っていたのかもしれません。

じゃあ何故、首が痛くなったか?

それは

寝返りして、横向きに寝た時の枕の高さが、低く過ぎた可能性が高いですね。

横向き寝の時は、特に首への影響が大きいです。

そして、寝入ってしまっているので、首に負担がかかった横向き寝になっていても

気付かない。

このパターンの方、

多いです。

今回、横向き寝の状態もしっかりと測ってお作りした枕を体験頂き、

なるほど、横向きになった時、全然楽だし、フカフカじゃ無くても気持ちいいわ」

と、言われていました。

今回は体験だけのご予定で、お金持って来てないので、次回お金持って作りに来て頂く事になりました。

オーダー枕は決して安い買い物ではありません。なのでしっかりと確認して、つまり、体験してから、お買い上げ頂きたいです。

無料体験も随時受け付けていますので、お気軽にご予約くださいね!

よろしくお願いします。

  • 記事カテゴリー:
2019年6月27日 社長 社長
軽くて温かくする方法。

皆さんこんにちは。

愛知県半田市のオーダー枕、オーダーマットレス、ふとんとベッドの専門店。

快眠工房 中村屋 濱島です。

・‥…━━━☞・‥…━━━☞

今日は久しぶりに、羽毛布団リフォームのダウンを側生地に吹き込む作業をしてきました。

実は今回ご注文頂いた羽毛布団は、非常に高品質のダウンが入っていて、お客様のご要望も、

「寒がりなので、出来るだけ温かくしたい!」

「そして、出来るだけ軽くしたい!」

という事。

出来るだけ温かくするには、ダウンをいっぱい入れた方が良いけど、その分重くなります。

軽くするには、ダウンを少なめにすれば良いが保温力は下がります。

この相反する事を両立するには、高品質のダウンが必要なのですが、今回入っていたダウンは、それが可能な品質でした。

そして、高品質なダウンは凄く膨らむので、それに見合った側生地が必要になります。

今回ご用意した側生地は、少し特殊で、マチ高なんと

15センチ!

通常マチ高は3センチから5センチほどなのですが、ここに凄く膨らむ高品質のダウンを沢山入れても、このマチで抑えられてしまう為、膨らまず、保温力は変わりません。

保温力は空気の含む量、つまり、布団の厚みに比例するのですね。

この、マチ高が高く、ダウンの膨らみが強い程温かくなります。

そして、ダウンの膨らみが強ければ強い程少ない量で済む訳です。

つまり軽くて温かい布団になるという事ですね!

今回お仕立てする羽毛布団は、マチ高が高いので、布団の薄い部分が無くなり、熱も逃げなく、温かくなります。

ただし、それが可能なダウンパワーが必要になる為、高品質ダウンである事が絶対条件です。

マチ高15センチもあると、少し特殊な構造になるので、ダウンの投入も難しく、3人がかりでの仕立てになりました。

でも完成すると、凄く膨らんだお布団になりましたよ!

これなら、温かくて、軽い事

間違いなし!

https://kaiminkoubou.com/wp-content/uploads/2019/06/img_7969-1.mov

  • 記事カテゴリー:
記事カテゴリー一覧